RSS | ATOM | SEARCH
10月より 接骨院たくみ

10月に入り寒くなりましたね。当院もさすがに今日は床暖を入れました。

今年、はじめて来院された方で床暖がついていると

ビックリされる方が多いのですが

当院は頭寒足熱をした上での身体を考えています。

足が寒くて頭が熱い状態ではどんな施術も効果しない場合があるからです。

 

最近患者さんとお話ししていると自宅や職場での養生法をわすれて症状がぶり返す方が多くいらっしゃいました。

再度自宅などで行える物理療法や運動療法を行うとすぐに症状が改善した例がとても多かったです。

 

本年度10月より

夜間受付を短縮させていただきました。

夜間受付は月、水、金とさせていただきます。

また水曜日午前中の特別診療を接骨、音無川、夜間帯時間に

author:接骨院たくみ院長, category:-, 10:35
comments(0), -, pookmark
接骨時間の予約優先制について

2015年の12月より予約制を導入し、

接骨の時間は「予約優先制」とし、

ご予約のない方の受け入れも可能としていますが、

日時によってはご予約のない患者さんの受け入れが難しい状況です。

 

新規で、又は、久しぶりに受診を希望される方は、

【初診】としてあらかじめご予約いただいてから

ご来院いただけますようお願い申し上げます。

 

インターネットからは365日24時間(不定期でメンテナンスの場合あり)

月曜日から金曜日まで(年末年始の休止日あり)の10:00から18:00までは

予約システムと連動したコールセンター 03-6632-9108 でご予約の対応をしております。

 

なお、【初診】の場合は、問診表の記載やお着替えなどありますので、

少なくともご予約時間の10分前までにご来院ください。

 

※【初診】は全く初めての方だけではなく、最終来院日より一定期間期間空いてしまった場合も[初診]となります

※予約時間は施術開始時間とお考えください

※ご予約時間を過ぎて来院の場合は受け入れられない場合があります。

author:接骨院たくみ院長, category:ご予約について, 13:00
comments(0), -, pookmark
施術2ワク

当院までに来院するのに時間がかかる方が非常に多く、また、遠方の方ほど症状が重いわけでもないのですが週に2回来院されているので、それを週1回にできたら…とも考えるようになりました。

(症状が重い場合は、なるべく間隔をあけずに通院していただく必要はありますが)
また、特別診療ほどは必要ないけれど、30分くらいの時間枠があれば、週1くらいの通院になれるんじゃないかという方もいらっしゃいます。

現在も病院で脊柱管狭窄症やすべり症、変形性膝関節症、変形性股関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、逆流性食道炎 等の診断を受けた方が多く来院されています。(接骨院では保険対象外の扱いになります)


しかし皆さんが共通しておっしゃっていることが、「自分がこれからどうすればよいのかを教えてもらえないから転院してきた」という声が圧倒的に多く、そんな方の力になれればいいなと思っています。

ただ・・1ワク=約15分の施術でどれだけのことができるかというと、状態によってはその短時間にできるものではありません。
この為、症状が重い方や遠方からの方、いつもよりちょっと時間をかけて診てもらいたいという方の為に、2枠の時間をとって施術にあたる時間枠を予約サイトに作りました。
お体の状態をみながら、こちらの予約も使っていただければと思います。
 

author:接骨院たくみ院長, category:ご予約について, 22:00
comments(0), -, pookmark
施術2ワク 接骨院たくみ

私も人間ですから、時折、体を壊します。

近年では歯科医院に行き通院したり。
もちろんお医者さんや接骨院に行ったりもします。
人間ですから・・・

そんな中、患者さんの住んでいる街を電車や歩きで通ったりすることがあります。
そんな時に、「こんな遠くから時間をかけて来てくださっているんだ」と思ったりします。

通院して施術を受けて帰って半日かかる方もいらっしゃいます。
以前から患者さんに時間を無駄にしてほしくないと話していますね。
これまでも遠方から来院される方はできるだけ近隣の接骨院を紹介してきました。
しかし、紹介先の近隣にも限度があって、一見近く見えていてもあそこまで行くならこっちの方が来やすいという方も多くいらっしゃいました。(日暮里は交通には非常に便利だそうです。)

当院までに来院するのに時間がかかる方が非常に多く、また、遠方の方ほど症状が重いわけでもないのですが週に2回来院されているので、それを週1回にできたら…とも考えるようになりました。(症状が重い場合は、なるべく間隔をあけずに通院していただく必要はありますが)
また、特別診療ほどは必要ないけれど、30分くらいの時間枠があれば、週1くらいの通院になれるんじゃないかという方もいらっしゃいます。

現在も脊柱管狭窄症やすべり症、変形性膝関節症、変形性股関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、逆流性食道炎 等の診断を受けた方が多くいらっしゃっています。
すべての方が転院されてきた方ですが接骨院では保険対象外の扱いになります。
しかし皆さんが共通しておっしゃっていることが、
「自分がこれからどうすればよいのかを教えてもらえないから転院してきた」という声が圧倒的に多く、そんな方の力になれればいいなと思っています。

ただ・・1ワク約15分の施術でどれだけのことができるかというと、状態によってはその短時間にできるものではありません。
この為、症状が重い方や遠方からの方などいつもよりちょっと時間をかけて診てもらいたいという方の為に、2枠の時間をとって施術にあたる時間枠を予約サイトに作りました。(予約サイトの一番下【施術2ワク】です)
お体の状態をみながら、こちらの予約も使っていただければと思います。


本日は都合により午後16時30分からになります。
予約は9割方いただいており、新しい患者さんの受け入れが本日できません。
どうしてもの方は20時30分以降になります。

 接骨院たくみ 音無川鍼灸施術院

 

author:接骨院たくみ院長, category:ご予約について, 22:55
comments(0), -, pookmark
「受け身の治療から自立した治し方へ」
患者さんとの会話で非常にうれしく思うことがあります。
先日も一般診療の方が久しぶりに来院され
「最近になって言われていることがようやく解かった」と言われていました。
骨粗鬆症や何年も治らない痛みや他の疾患に対して基本的なアドバイスをすることがあります。
どんな治療や薬を飲んでも治らないという方が非常に多く
ご自身で考えた末、当院で話している運動療法や食事療法を何年か越しにようやっと行うようになり
今までの主訴が無くなる例や骨粗鬆症の数値がよくなったと言われる例が多くなりました。

施術を受けるのではなく自身の為に運動や食事療法をすることにより改善した例を聞くことが非常にうれしく思っています。

どうしても最初の来院は受け身の方が多く、日常生活での注意点や運動、食事などを説明しても
なかなか最初から行う方は少ないように思います。
特に歩行や運動療法は「時間がない」「忙しい」自分のことなのに・・・他人任せになりがちです。
本当に良くなることって自分が気が付き行動して始めて結果がでてきます。
もちろん行動してもご自身の納得するところまで来るのに時間がかかる方もいらっしゃいます。
歩いたのよと言っても昨日、今日の話しかしない方も。。。

以前、論文で「生き方」について書いたことがあります。
そのテストはほとんどの方が落ちましたが、私だけなぜか合格していました。(文章下手なんですけどねぇ)
純粋な医療?というのでしょうか健康というのでしょうか?試験官の方には届いたのだと思います。

どんなものも患者さんご自身が気が付き、行動しなければ結果は出ないと思います。
当院では、開院以来、ウォータベッドや酸素カプセルなどどちらかというと
患者さんが受け身になってしまうことが多いものが多かったかもしれません。
パワープレートを導入するのには積極的に訓練してご自身の基本構造を強くしていただきたくて
導入しました。
少し話はずれますが貧乏ゆすりが股関節に良いという事を整形外科の先生がおっしゃっていました
貧乏ゆすりも自分で行う立派な運動ですね。


「受け身の治療から自立した治し方へ」と当院は考えます。

 
author:接骨院たくみ院長, category:-, 10:59
comments(1), -, pookmark